煩造と「江戸ゼップ(仮)」のマニアックコラムです。

前ページTOPページ次ページ

2009/08/05
おばかアイテム
これは煩造がステージでご愛用中の、お手製Green Sparkle団扇。私のBONZO原点はGreen Sparkleですんで。その団扇の上に乗っているのは docomo P704iミューのケータイ。表裏全面的にライカのグッタベルカを貼り、高級感を演出しましたが、中心に輝くのはレッキとしてLudwig純正のGreen Sparkleカバーリング。アホと呼んでくれて構いません。

2009/08/05
ライドシンバルはここから生えている
BONZO師匠は、タムがグラグラなら、一番でっかくて重いライドシンバルもここから生えてます。私は昔からドラムを叩いてて、その頃は国産の安いドラムにもこういうライドを生やすパーツがついていて、固定がうまくいかず演奏中にライドシンバルがコケてしまう事が頻繁でした。大御所のルイ・ベルソン大先生の白黒動画にも、先生が倒れてゆくライドシンバルをモノトモセズにソロを叩いている姿が見られますが、そんなわけで、これを使うのはかなり抵抗がありました。でもLudwigのブラケットは締付けが強いので、キチンと確実に装着すれば大丈夫なんです。今は信頼して使っています。BONZO師匠は終始一貫してこの方式であられました。

2009/08/05
タムは揺れるのが正しい
Green SparkleとAmber Vistaliteでは、この旧式なタムホルダーを愛用しておられました。昔のハードウェアは細っこくて頼りなかったんですが、ちょい前のドラムはハードウェアがみんな頑丈になって、タムなんかもガッチンガチンに装着されていましたが、そのためにシェル共鳴なんかそっちのけになってしまい、詰まった音しか出ない状況になっていました。タムが一番良く鳴るのは手でブランと保持して叩いた時なんですが(嘘だと思ったら各家庭に備え付けのタムで試してごらんなさい)、最近のドラムは頑丈なスタンドにわざわざグラグラにする器具を介してタムを装着しています。そんな面倒なことしないで、この元からグラグラする昔からあるホルダーを使えば良いのに、と思います。因みにNaturalのセットではタムをスネアスタンドに載せてますが、このスタンドは立奏用の安いモデルで、結局グラグラしてました。ステンレスのセットではT字型のダブルタムホルダーを使ってますが、タムがでかいのと、所詮は9.5mm径のLアームを介しているので、これもやっぱりグラグラ。とにかくっ、グラグラしないといけないんです、タムっちゅうもんは!

2009/08/05
小道具ですが
ハイハットに装着するタンバリン様のもの。正式には何と言うのでしょうか。Moby Dickを演る時にこれがないとMody Dickに聞こえません。但し煩造は湊雅史先生同様にソロは苦手なので、これは持っているだけです。ドラマーとしては×でしょうが、コレクターとしては持っている事に価値があるから、それでいいのだ(商品名はHAT TRICK)。

2009/08/05
んでもって
一番大事なアイテムはこれ!70年代Ludaloy材L402 Supraphonic(現在はLM402という製品番号ですが、当時はL402)。ごく初期にボンゾ師匠は超ビンテージのLudwig Pioneer Modelのスネアを使用していた様ですが、Led Zeppelinとして正式活動を開始して以降、人前ではこのL402以外を使う事なく、セットが変わってもL402命であの素晴らしく抜けの良いスネア音を響かせていました。スタジオでEqualizingされた録音では判らんのですが、初回来日時のPAをほとんど使わずナマ音で武道館に鳴り響いたアノ音、有名な海賊盤Live On Blueberryhillで聴くことのできる「スコーン」という音はこのスネアから生み出されてます。大事なのはシェル内側に貼られてるシールと、角のあるロゴバッジ!

2009/07/29
もニチョ
これは超レアな、大英帝国が誇るHAYMAN22インチキックのセット。エンドーサにはJon Hiseman、Rick Purnell、Robert Townsend、Simon Kirke、Paul Hammond、Bill Bruford、Ainsley Dunbar等々、大御所ズラリですが、メーカーの存続が数年と短かった事、在日正規ディーラーがなく紹介(正規輸入)されなかったので、日本で見かける事はまず無いはず。実際、煩造も40年ドラム叩いてますが自分が入手し初めて現物を見ました。英米に渡り彼地ロックシーンで活躍した名前を言ってはいけないアノ人(通称A見氏)も、見た事ないとか。メカニカルな外観と違ってふくよかに鳴る名器で、ビンテージはシェルが薄く胴鳴りが強いので、HAYMANに限らず押し並べてふくよかですが(特にHAYMANは紙の様にシェルが薄く怖いくらい。たぶんシェルの薄さは世界一。薄きゃ良いのかと言う事ではないが、とにかく薄くて押すとたわみます)、タイトな鳴りが要求される現代音楽の中では寝ぼけた音色なのかもしれません。でも70年代、80年代の音楽には必需品。Haymanもちゃんと26インチキックをラインナップしてて、ほら、この写真。

2009/07/29
もイッチョ
これはDWの前身メーカーである、CAMCOの24インチキックのセット。あまりロック系の人は使ってないんですが、深ーい、良い音がします。ロック系だとCCRのダグ・クリフォードが使ってました。ジャズ系だとエルビン・ジョーンズとかエンドーサだったはず。DWはロック系で売れっ子なのに不思議ですね。当時のカタログを見るとちゃんと26インチまで出てたから、ロック系を意識していたはずなんですが…。エンドーサー一覧を見ても古くて(メーカーが古いから仕方ない)知らない人が多いです。

2009/07/29
要すれば(5)
そして77年から80年7月7日の最後のステージまで使ったのが、このステンレスシェルのキット。非常に少ない生産量で、入手が困難。Re-Issueが2006年に発売されましたが世界限定100台、日本に輸入されたのは5台、行先は大半が確認されている(例としてシナモン、また、Mr.Jimmyのドラマーのご友人、など)。1台は壊れてしまい廃棄となり、現存するのは何と4台だけとか…。サイズはキック26x14、タム15x12、フロア16x16と18x16。フロアを18x16と20x18にしている時期があるのと、最晩年にはタムを14x10にしていたという情報もあります。14x10のステンレス製タム買わねばっ(爆)。

2009/07/29
要すれば(4)
一般に一番有名なのはこのアンバー(コハク色)ビスタライト。73年から77年までステージで使用。レコーディングに使ったことはないと思われます。結構神経質で、チューニングが難しいけど、ドンピシャのチューニングができたときは外見と似合わず深い音色でなるのが不思議。ボンゾ師匠は常に深い音色で鳴らしてたのがスゴイ。彼は手入れやチューニングをボウヤに任せずに自分でやることが多かったそうですが、チューニングも腕前の一つだから、その面でも彼は偉大だったということ。サイズはキックが26x14、タム14x10、フロア16x16&18x16。

2009/07/29
要すれば(3)
71年から73年まで、一番御愛用なさったのがこの26インチキックのGreen Sparkle。ステージではVistaliteにその座を譲って使われなくなっても、3rd以降のアルバムの殆どはこのキットでレコーディングしたんだそうです(同じものを4セット所有していたそうです)。僕は日本公演は初回来日と2回目の来日の2回とも観に行けた幸せモンですが、どっちの時もこれを使っていたから、僕にとって原体験の生ボンゾはどうしてもこのセット。サイズはキックが26x14、タムが14x10、フロアはおなじみ16x16と18x16。Green Sparkleでご本人はツーバスをしていませんが、どういうわけか同じ仕様のキックが2つ手元にあるので、こんなことも。これはどっちかというと色違いのCozy Powellって感じですかね。

前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -